逢魔が時ですね

逢魔が時とか灯点し頃って綺麗な言葉。前の記事のリンク報告をちまきさんの猫好き掲示板
にさせて頂いたので、ちょっと猫ネタいきます♪
ベランダからの空が、
たまにはっとするほど綺麗な時があります。
*TOUCH*永田萌


***Thanks ◎ (^▽^) ◎ Reading***
そういう驚きをこうしてwebに載せて、
みなさんに見ていただけるのって嬉しいものですね。
こんな空を見ると、永田萌さんの絵本『黄昏猫のロンド』を思い出します。
絵ももちろんですが添えられている文章が素敵で、
すごく小さい頃にもらったもののはずなのですが、とてもよく覚えています。
夕暮れ時の街でふとすれ違った、黄昏の空と同じ色をした不思議な猫。
思わず話しかけると、
「わたし?わたしは”魔”」
とか言うんですよ!なんてクール…なんて素敵。
黄昏猫のロンド
検索してみたのですがもうなかなか
手に入らないようなので、
お見せしようと
引っぱり出してきました☆
父がルビを振ってくれています。
色の濃い箇所は、文字の右脇を
消しゴムで少しだけ消して、
ルビが見やすいように工夫してくれている。
昔からそういう工夫が好きな人だったな。いやまだ元気ですよ?
そしてそして、永田萌さんのHPを発見!
すす素晴らしい!美術館になっています!!
萌さんの絵が動いてるよ~(>△<)
とロビーで驚いていたら、何と展示室では
魔法のステッキ使って自分で動かせるんだぁ~(>▽<)
なんてなんて素敵なの~(T△T) ぜひぜひ!お散歩してみて下さい。
淡いグラデーションの夕景。黄昏も綺麗な言葉ですね。“夜”とか”車”とかいう文字にまで
ルビが振られているのを見ると、
本当に小さい頃のものなんだな。
ずいぶん大きくなるまで
入学などの時には必ずお祝いを下さっていた、
父のご友人からの贈り物でした。
出版は1981年。私は6歳。小学校入学の時のものだ!

ハートをつける ハート 0

2 Replies to “逢魔が時ですね”

  1. オコジョのすむ谷、はたらく大人

    ガンバのイタチでつい思い出した、オコジョの話。
    オコジョちょーかわいい。邪気のかけらもない。
    オコジョのすむ谷 (あかね創作えほん 6)増田 戻樹あかね書房 1981-11by G-Tools
    (画像は絵本ナビより)

  2. タロー、一歳9ヶ月にして中二病を発症する

    今日の寝入りは珍しく父ちゃんが一緒だったためか、いつもより時間がかかりました。
    いつもは何冊か絵本を読んだ後、じゃあ最後の一冊選んでおふとんで読もうね、と言って、選んだ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です