高須先生が書いた西原へのラブレター『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』が回収絶版騒ぎでプレミア価格になっているけど通常価格で再販するかも

図らずも高須のかっちゃん西原ネタ連投。
ニュースサイトでふと見かけてびっくり、『ダーリンは70歳』の続編が回収絶版になってしまっていたのですね。
共著「高須帝国の逆襲」絶版に 書き直し要請に「断固拒否!」スポーツ報知
Amazonでは2016年7月末現在、中古プレミア価格での販売しかされてないのでご注意ください。詳しいレビューによると、今後通常価格での再販の可能性もあるようなので気長に待とうと思います。
レビューを読むためにリンク貼っておきます。すごく面白そう!



以下、参考になったレビューのコピペ。


★★★★★ 絶版騒ぎの原因がコレならば、クレームは予見できたはず。なぜ小学館は、出版後に修正を申し入れてきたのだろうか…?
2016/5/31 投稿者 am_angel


「ダーリンは70歳」などサイバラ漫画で描かれていることや、西原さんという人について、高須院長が自らの筆でいろいろ書いている、とても面白い本です。ところどころに掲載されている「サイバラの小部屋」という西原さんの漫画も面白いのですが、高須院長の文章が非常に読んでいて面白く、うまいなあと感じます。
しかしこの本は、ある部分の記述が問題となって、結局絶版となってしまうとのことです。
(…2016.06.06追記…現時点では、こちらは紙媒体の本としては回収・絶版、ただし電子書籍として発売する…というような情報が出ています。電子書籍として発売されるにせよ、紙媒体の本としては絶版することには変わりが無いので、以下は絶版を惜しむ記述のままにしています)

★★★★★ 【追記あり】器の小さい小学館に腹が立つ。
2016/5/30 投稿者 emu


高須先生のTwitterより、小学館と和解し、今後について協議中とのこと。
読みたいと思う臣民のため、
高値で転売されていることを悲しんでいたため、
西原先生や八巻さんのため、
色々と考えてのご決断であったと思います。
先生のことですから、近いうちに適切な価格で読者に渡るようにしてくれるのだと思います。
(中略)
そんなわけで、今ここAmazonや大手ネットオークション等で2倍から5倍近い値段で出品している悪質な店から買わないようにしましょう。
少し待てば、また普通に手に入ります。

詳しいレビューをありがとうございます。ざっと検索してみても、「どの記述が問題になったのか?差別的な記述とは具体的に何だったのか?」を中心に書いている記事が多くて何だかなーという感じだったので、Amazonのレビューが一番参考になりました。
再販、高須先生ならやってくれるだろうな、という気がしますね。自費出版にしてもいいんだろうし。超豪華絢爛装丁になったりして。
以上、備忘録メモでした。
1巻目、サイバラ執筆の漫画も面白かったです。鳥頭紀行とかできるかなのノリ、なんだけど随所がストレートにラブラブ(死語?)で。

ダーリンは70歳 (コミックス単行本)
西原 理恵子
小学館
2016-01-20


ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です